sangimi no yado

LOADING

0%

sangimi no yado より、近辺のイベントやお得な情報、観光スポットなどご紹介します。

西日本最大!りんくうプレミアム・アウトレットへ遊びに行こう!【泉佐野市おさんぽガイド|sano no yado】

2021.11.06

りんくうプレミアムアウトレット・

旅行先での楽しみといえばお買い物!という方は多いのではないでしょうか。
コロナ禍以前は、お買い物のために海外旅行を計画される方も少なくなかったと思います。
普段は手の届きにくいハイブランドアイテムやデパコスなど、思いっきりお買い物を楽しみたいのなら、りんくうプレミアム・アウトレットは必見。
りんくうタウン駅から徒歩6分と駅近ながら、非日常感漂うシーサイドアウトレットモールには国内外の有名ブランドが約250店舗も入っています。
旅の終わりにりんくうプレミアム・アウトレットでお買い物三昧を楽しんでみませんか?


▼この記事の目次▼


🛍️りんくうプレミアム・アウトレットってどんなところ?

「りんくうプレミアム・アウトレット」は、関西国際空港の対岸に位置し、2020年に開業二十周年を迎え、第五期増設の大幅なリニューアルが行われました。
国内では御殿場プレミアム・アウトレットに次ぐ国内第二位にして西日本最大のアウトレットモール。
その店舗数は約250店舗。店舗面積は50,100㎡に拡張。
周辺には関西国際空港を臨む観覧車やスーパー銭湯、緑豊かな府営の海浜公園があり、多様な飲食店や免税店が軒を連ねます。

りんくうプレミアム・アウトレット
▲りんくうタウン駅側の歩道橋から見たメインエリア。

 
SiSりんくうタワーとりんくうプレジャータウンシークル
▲りんくうのランドマークのひとつ観覧車のある「りんくうプレジャータウンシークル」とは歩道橋で往来可能。後ろに見えるのは日本で三番目に高いビル「SiSりんくうタワー」。

 

🌴モールの街並みはアメリカの歴史ある港町「チャールストン」がモチーフ

りんくうプレミアム・アウトレットは大阪湾を望む海沿いに建っています。
淡い色合いの建物と石畳、青いパラソルとベンチ、ヤシの木が並ぶ広々としたメインサイドエリアの街並みは、アメリカ合衆国サウスカロライナ州最古の港湾都市「チャールストン」をイメージして作られており、ゆったりと時が流れているかのようなリゾート感に癒されます。

りんくうプレミアム・アウトレットのメインサイドエリア
▲パステルカラーの建物にヤシの木、近くに見える観覧車が、非日常感を演出。

 
りんくうプレミアム・アウトレットのメインサイドエリア
▲モール内の至るところにパラソルを立てたテーブルやベンチが設置されています。

 
新しく増設されたシーサイドエリアは、りんくうマーブルビーチ有するりんくう公園と直結しており、芝生の敷かれた広場など開放感満点のロケーション。
夕方になると、日本の夕陽百選に選ばれたマーブルビーチと同じ夕陽が見られます。
りんくうプレミアム・アウトレットのシーサイドエリア
▲お買い物に疲れたら、関西国際空港から飛び立つ飛行機を眺めながら休憩。
りんくうプレミアムアウトレット、シーサイドエリアの夕陽
▲シーサイドパークからの夕陽。晴れた日には、アウトレット内で日の入りの時間をアナウンスしてくれることがあります。

 

🏕️アウトレット初のグランピング施設!シーサイドパーク

隣接する府営の海浜公園「シンボル緑地」と「シーサイド緑地」を繋ぐ、約2万㎡の広大な芝生広場「シーサイドパーク」。
ここではアウトレット初となるグランピング施設が設けられており、アウトレットの敷地内でまるでリゾート地に遊びに来たような都市型グランピングを楽しめます。
宿泊はもちろん日帰りBBQやパーティにも使用することができます。
りんくうプレミアム・アウトレットのグランピング施設
▲世界的建築家・隈研吾とアウトドアブランド【Snow Peak(スノーピーク)】が共同開発したモバイルハウス「住箱―JYUBAKO―」。

 


🛒りんくうプレミアム・アウトレットで何を買おう?

さて、アウトレット最大の魅力は、なんといってもたくさんのショップを巡ってのお買い物でしょう。
りんくうプレミアム・アウトレットには、国内外の多種多様なショップが盛りだくさん。
特に第五期増設ではインターナショナルなラグジュアリーブランドと、スポーツ・アウトドアブランドのラインナップが拡充され、スポーツ&アウトドア好きな方にはますますオススメのスポットとなりました。

SnowPeak
▲新潟県発祥のアウトドアブランド「SnowPeak」の店舗。併設レストランではアウトドアグッズを活用した料理を提供しています。

 
NIKE
▲世界的スニーカーブームが加速する中、ファンの注目を集める「NIKE」。りんくうプレミアム・アウトレット内でも最大の売場面積を誇る人気店舗です。

ラグジュアリーブランドでは「Burberry」「FENDI」「Alexanderwang」「PRADA(期間限定)」など、関西で唯一/初出店のブランドショップが軒を連ねます。
PRADA期間限定店舗
▲期間限定ショップ「PRADA」。アウトレットの期間限定ショップは、どちらも通常店舗と遜色のない品揃えです。
もちろん、お求めやすいカジュアルブランドやコスメショップ、インテリアや生活雑貨、キッズ&ベビー用品などのショップも揃っています。

 

🍽️りんくうプレミアム・アウトレットの飲食店は?

どんなに楽しいお買い物をしていても、たくさんのショップを巡っているとお腹もすくし、疲れもたまってきます。
りんくうプレミアム・アウトレットには、メインサイドエリア、シーサイドエリア共に複数の飲食店と、フードコートがあります。

 

🍜メインサイドエリアのフードコート「ワールドグルメジャンクション」

「ワールドグルメジャンクション」は、多国籍の食事が楽しめる空間。
ラーメンやお寿司、たこ焼き、ビビンバやオムライス、クレープやワッフルなど、多種多様なお料理が提供されています。
席数も多いため、大人数グループや限られた時間でさっと食事を済ませたい方にオススメ。
メインサイドエリアのフードコート
▲アウトレット開業当初から今も人気のフードコートは、買い物客のオアシス的存在。

 

🍔メインサイドエリアのレストラン

1Fではスターバックスコーヒーやベーグルサンド専門店、2Fでは天ぷらをはじめとした和食、ハワイ発祥のグルメバーガーや、韓国料理、中華料理(担々麺専門店)などが出店。
どれも人気店舗で、特に休日のお昼時などは非常に混んでいます。11時台を狙って早めランチで入店するのが◎。
KUA`AINA
▲ハワイ・オアフ島ハレイワで生まれたグルメバーガー「KUA`AINA」。

 

🏖️一方シーサイドエリアは…

シーサイドエリアにもフードコート、レストランに加え、広場のベンチで手軽に食べられるクレープやナゲットのようなスナックを販売。
フードコートではお持ち帰りメニューも充実しており、先ほど紹介したシーサイドパークもすぐそばにあるので、天気のいい日には心地よい潮風を浴びながらランチやおやつをいただけます。

 

🥡シーサイドエリアのフードコート「りんくうダイニング」

こちらはメインエリアとは一風変わって、博多ラーメンの「一風堂」やアメリカ生まれのチャイニーズレストラン「Panda Express」、メルトサンドイッチの「POTAMELT」や創作だし茶漬け専門店「こめらく」の新業態ショップなど、話題の店舗が目白押し。
テイクアウトメニューも充実しているので、シーサイドパークのベンチやパラソルの下でランチを楽しめます。

シーサイドエリアのフードコート
▲シーサイドエリアの「りんくうダイニング」。抜群のロケーションと話題のグルメで注目のエリアです。

シーサイドエリアのフードコート
▲シーサイドエリアの「りんくうダイニング」中はこんな感じ。3Fですが、同フロアへの行き来にエレベーターを使えるのでバリアフリーです。

 

🍖シーサイドエリアのレストラン・カフェ

1Fにはタリーズコーヒーとスターバックスコーヒーの2店舗が出店。
レストランは大阪・京都・兵庫に広く出店する三田屋本店が出店しており、食事はもちろん、コロッケやサンドイッチなどのテイクアウトメニューも扱っています。
更に2Fのシーサイドパーク側には「SnowPeak」に併設されたレストラン「Snow Peak Eat」があります。こちらではキャンプ用品を使用して調理した料理を提供。
ここでもテイクアウトが可能なので、シーサイドパークでグランピング気分を味わえます。
シーサイドエリア‗SnowPeakEaat
▲「Snow Peak Eat」の店頭。正面は大阪湾が広がっており、対岸には関西国際空港が。

 
シーサイドエリアには中庭的な広場があり、ここではクレープやナゲット、アイスクリームなど、片手で食べられる軽食を提供。
限られた時間の中でのお買い物で、座ってゆっくりする時間はないけど、小腹が空いた!なんて状況もカバーしてくれます。
シーサイドエリアの広場
▲りんくうプレミアム・アウトレットの中にはたくさんのベンチが設けられていて、休憩場所には困りません。

 


🛍️りんくうプレミアム・アウトレットへの行き方

「りんくうプレミアム・アウトレット」は、りんくうタウン駅から徒歩6分。
南海本線・JR阪和線の共同使用駅なので、「sano no yado」「gomon no yado」どちらの最寄り駅からも電車1本でお出かけできます。
特に「sano no yado」からは自転車を使えば15分程度で到着できます。
周辺には海浜公園「りんくう公園」や、大観覧車「りんくうの星」や、スーパー銭湯「りんくうの湯」を有するショッピングモール「りんくうプレジャータウン シークル」などもあり、1日遊べるエリアになっています。
駐車場も大変大きいので、自動車でお出かけできる方は、田尻スカイブリッジを越えた先にある「泉南ロングパーク」や「イオンモールりんくう泉南」へ足を延ばしてみてはいかがでしょう?

 

▼sano no yado からのルート

 

▼gomon no yado からのルート

 

▼りんくう・プレミアムアウトレットの情報はこちらから

PREMIUM OUTLETS – りんくうプレミアム・アウトレット

 
▼関連記事はこちら▼

泉佐野&熊取町を自転車で観光🚲Google Mapで見るおすすめサイクリングコース

【田尻漁港⛵】日曜の朝は漁港の朝市へ行ってみよう!【泉佐野市おさんぽガイド|sano no yado】

レンタサイクルで熊取町を巡ろう【gomon no yado では自転車をご用意しています】

【SENNAN LONG PARK】泉南りんくう公園アクティビティエリアでリフレッシュ!【泉佐野市おさんぽガイド|sano no yado】

【SENNAN LONG PARK】泉南りんくう公園で綺麗な海を見ながらランチ♪【泉佐野市おさんぽガイド|sano no yado】

ブログ Blog

sangimi no yado ブログ